【統計検定】学習進捗 2021/08/30~09/05(週報)【学習ログ】

学問系

統計検定学習進捗 2021/08/30~09/05(週報)【学習ログ】

2021年8月30日~9月5日までに行ったことや感想を述べます。

学習計画

学習スタート時に作成した計画はこちら↓

【統計検定】学習計画を立てる【学習ログ】
【統計検定】学習計画を立てる【学習ログ】 前回の反省を生かし、次回の試験勉強に向けて計画を立てる。 反省記事まとめ↓ 最終目標 まずは、今回の計画のゴール地点を決める。 ゴール地点は、以下の資格を取ることとする。 ...

ざっくり言うと、今年中に統計検定2級、準1級、統計調査士、専門統計調査士、データサイエンス基礎の資格を取得するという計画。

受験までに行うこと

受験までに以下の表を埋める。

弱点勉強全テストシート
計算シート 0,0,0,2,0.57 6,1.38,4.35,12,1.36 6,1.74,3.45,7,1.27 9,1.88,4.79,5,1.28 4,0.93,4.3,0,0 5,0.52,9.62,0,0 0,0,0,0,0 30,6.45,26,4.48,5.803571429 4.849496 3 1....

詳細は以下記事より↓

【統計検定】学習計画を立てる【学習ログ】
【統計検定】学習計画を立てる【学習ログ】 前回の反省を生かし、次回の試験勉強に向けて計画を立てる。 反省記事まとめ↓ 最終目標 まずは、今回の計画のゴール地点を決める。 ゴール地点は、以下の資格を取ることとする。 ...

先週行ったこと(8月30日~9月5日)

各参考書・問題集を軸に行ったことを紹介。

統計検定準1級ワークブック(準1級対策)
・第25~30章の例題をテスト&勉強
・小テスト⑦⑧実施

日本統計学会公式認定 統計検定準1級対応 統計学実践ワークブック | 日本統計学会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで日本統計学会の日本統計学会公式認定 統計検定準1級対応 統計学実践ワークブック。アマゾンならポイント還元本が多数。日本統計学会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日本統計学会公式認定 統計検定準1級対応 統計学実践ワークブックもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

学習ペースと各項目の達成日見込み

完了した学習タスクの数を日ごとに集計、グラフにしてみた。(進捗グラフ)

準備段階だった6月7~13日のグラフを参考に見方を説明する。

6/11を例に見ると、準1級ワークブックの度数が「3」となっていることが分かる。これは、6/11に準1級ワークブックの学習タスクを「3」つ終えたことを示す。

 

今週のグラフはこちら↓

上記グラフの各項目を合わせたものはこちら↓ ※8月30日~9月5日までが今回の分

結果、8月30日~9月5日までに学習タスクを合計45個処理した。

これまでの小テストの結果は以下。

準1級ワークブック小テスト

小テスト実施日範囲正答率経過時間
8月11日第1~4章の例題14/21 66%1h7m
8月13日第5~6章の例題15/21 71.4%1h20m
8月17日第7~9章の例題14/18 77.8%48m
8月19日第10~12章の例題18/21 85.7%1h1m
8月24日第13~15章の例題16/18 88.8%1h2m
8月26日第16~19章の例題19/23 82.6%54m
9月2日第20章の例題22/23 95.6%47m
9月1日第21~25章の例題21/23 91.3%1h03m
第26~30章の例題
第31~32章の例題

学習時間

学習時間(学習タスクの処理に取り組んだ時間)を記録し、グラフにしてみた↓

見方は簡単。8月31日の準1級ワークブックの棒グラフを見ると、度数1程度になっている。これは、8月31日に準1級ワークブックを1時間学習した(学習タスクの処理に取り組んだ)ということ。

各項目の棒グラフを合わせたものが上記のグラフ。グラフより、8月31日に合計1時間程度学習したことが分かる。

結果、8月30日~9月5日までに合計9.6時間学習したと分かる。

反省

今回1週間の学習内容を反省する。

主に考えるべき項目は、「今回1週間の合計学習タスク処理数と学習時間について」と「次の計画で解くべき問題」とする。

 

今回1週間の合計学習タスク処理数と学習時間について

今回、上記2つの項目が、いつもより大幅に減少した(約3割減)。その原因を考える。

おそらく、勉強方法のマンネリ化が大きな原因だろう。ここ3ヶ月は、毎日同じやり方で問題を解く作業になり、さらに直近1ヶ月は同じ参考書で同じ問題を解くという作業だ。

同じ勉強方法は、大体3ヶ月で飽きが生じて、効率が悪くなると考えておいた方が良いかもしれない。

 

次の計画で解くべき問題について

小テスト計画は、予定通り9月7~9日には終わる。次の計画で解く問題を考える必要がある。

前回記事の「他書籍から100問抜粋」を改めて考えてみたところ、苦手分野に絞って自己流で問題を抜粋する手間を考えると、やっぱり、王道をいった方が良いと思えてきた。

ということで、統計学の赤本・緑本・青本と呼ばれる3書籍の問題を解くことにした。

統計学入門 (基礎統計学Ⅰ) | 東京大学教養学部統計学教室 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで東京大学教養学部統計学教室の統計学入門 (基礎統計学Ⅰ)。アマゾンならポイント還元本が多数。東京大学教養学部統計学教室作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また統計学入門 (基礎統計学Ⅰ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
人文・社会科学の統計学 (基礎統計学) | 東京大学教養学部統計学教室 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで東京大学教養学部統計学教室の人文・社会科学の統計学 (基礎統計学)。アマゾンならポイント還元本が多数。東京大学教養学部統計学教室作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また人文・社会科学の統計学 (基礎統計学)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
自然科学の統計学 (基礎統計学) | 東京大学教養学部統計学教室 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで東京大学教養学部統計学教室の自然科学の統計学 (基礎統計学)。アマゾンならポイント還元本が多数。東京大学教養学部統計学教室作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また自然科学の統計学 (基礎統計学)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

この3書籍の中から、緑本と青本の問題を優先して解く。この2書籍の問題数は約150問。9月中までにすべてを解き終えて、10月から本格的にテスト対策をはじめる予定で進めてみる。

となると、約150問を9月10~30日の20日間で終わらせる必要がある。ざっと、10日間で75問、10日間で1冊という計算になる。多少ムリがありそうだが、やってみる。

 

最終目標「テストの合格」を目指して、行動することの限界が近い。10月中にテストを受けて、その後は、異なる目標を立てて行動した方が良いかもしれない。

 

追記

学習時間の減少を改善するために以下を考えてみた。

学習時間以外の時間に罪悪感を感じる時間を設けてみる。

きっかけは、Youtubeの視聴時間が1日平均約4時間視聴していると知ったから。本来であれば、このことに気づく前に罪悪感を感じていても良いはずだが、今までまったく感じなかった。おそらく、惰性で視聴していたために、その時間を意識的に認知することができなかったのだろう。

ということで、これからはスマホゲームをやってみる。その時間を記録し、勉強時間と毎日比較する。そうすることで、ゲームをした時間以上に勉強していない日は、ネガティブな記録として残り、ささいだが自分へのマイナス報酬となる。気持ちよくゲームをしたければ、勉強の時間を長くとる必要があるため、惰性での動画視聴時間を削る必要が出てくる。

ちょっと不安な策だが、とりあえず1週間やってみる。

ちなみに、行うスマホゲームはクロノトリガー。

最後に

学習ログの日報は、こちらのアカウントで発信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました