【統計検定】学習進捗 2021/08/23~08/29(週報)【学習ログ】

学問系

統計検定学習進捗 2021/08/23~08/29(週報)【学習ログ】

2021年8月23~29日までに行ったことや感想を述べます。

学習計画

学習スタート時に作成した計画はこちら↓

【統計検定】学習計画を立てる【学習ログ】
【統計検定】学習計画を立てる【学習ログ】 前回の反省を生かし、次回の試験勉強に向けて計画を立てる。 反省記事まとめ↓ 最終目標 まずは、今回の計画のゴール地点を決める。 ゴール地点は、以下の資格を取ることとする。 ...

ざっくり言うと、今年中に統計検定2級、準1級、統計調査士、専門統計調査士、データサイエンス基礎の資格を取得するという計画。

受験までに行うこと

受験までに以下の表を埋める。

弱点勉強全テストシート
計算シート 0,0,0,2,0.57 6,1.38,4.35,12,1.36 6,1.74,3.45,7,1.27 9,1.88,4.79,5,1.28 4,0.93,4.3,0,0 5,0.52,9.62,0,0 0,0,0,0,0 30,6.45,26,4.48,5.803571429 4.849496 3 1....

詳細は以下記事より↓

【統計検定】学習計画を立てる【学習ログ】
【統計検定】学習計画を立てる【学習ログ】 前回の反省を生かし、次回の試験勉強に向けて計画を立てる。 反省記事まとめ↓ 最終目標 まずは、今回の計画のゴール地点を決める。 ゴール地点は、以下の資格を取ることとする。 ...

先週行ったこと(8月23~29日)

各参考書・問題集を軸に行ったことを紹介。

統計検定準1級ワークブック(準1級対策)
・第18~24章の例題をテスト&勉強
・小テスト⑤⑥実施

日本統計学会公式認定 統計検定準1級対応 統計学実践ワークブック | 日本統計学会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで日本統計学会の日本統計学会公式認定 統計検定準1級対応 統計学実践ワークブック。アマゾンならポイント還元本が多数。日本統計学会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日本統計学会公式認定 統計検定準1級対応 統計学実践ワークブックもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

学習ペースと各項目の達成日見込み

完了した学習タスクの数を日ごとに集計、グラフにしてみた。(進捗グラフ)

準備段階だった6月7日~13日のグラフを参考に見方を説明する。

6月11日を例に見ると、準1級ワークブックの度数が「3」となっていることが分かる。これは、6月11日に準1級ワークブックの学習タスクを「3」つ終えたことを示す。

 

今週のグラフはこちら↓

上記グラフの各項目を合わせたものはこちら↓ ※8月23日~29日までが今回の分

結果、8月23~29日までに学習タスクを合計74個処理した。

8月16~29日2週間の合計は152個となった。

以下より、小テストの結果をのせる。

準1級ワークブック小テスト

小テスト実施日範囲正答率経過時間
8月11日第1~4章の例題14/21 66%1h7m
8月13日第5~6章の例題15/21 71.4%1h20m
8月17日第7~9章の例題14/18 77.8%48m
8月19日第10~12章の例題18/21 85.7%1h1m
8月24日第13~15章の例題16/18 88.8%1h2m
8月26日第16~19章の例題19/23 82.6%54m
第20章の例題
第21~25章の例題
第26~30章の例題
第31~32章の例題

 

学習時間

学習時間(学習タスクの処理に取り組んだ時間)を記録し、グラフにしてみた↓

見方は簡単。8月26日の準1級ワークブックの棒グラフを見ると、度数2程度になっている。これは、8月26日に準1級ワークブックを2時間学習した(学習タスクの処理に取り組んだ)ということ。

各項目の棒グラフを合わせたものが上記のグラフ。グラフより、8月26日に合計2時間程度学習したことが分かる。

結果、8月23~29日までに合計13.44時間学習した。

8月16~29日2週間の学習時間合計は約27.81時間となった。

反省と次回目標

今回1週間の学習内容を反省する。

小テスト計画が順調に進んでいるため、9月1週目に小テスト計画は終わり、9月2周目には、他の計画を実行することになりそう。

なので、小テスト計画以降の学習計画を考える。

まず、メインで考えるべきなのは、統計検定準1級ワークブックの過学習対策だ。ここ1ヶ月は、ほぼワークブックでしか学習していないので、過学習になっているのは確実。

と思っているときに以下の記事を見かけた。統計検定準1級合格体験記だ。

【受験体験記】統計検定準1級~PBT試験に落ちて、CBT試験に合格した話~ – 製造現場のDXに挑むデータサイエンティストのブログ (industrial-data-science.com)

上記の記事には、

2021年6月のPBT試験終了後、Twitterで「ワークブックに過学習することの危険性」が話題に上がりましたが、半分当たっていて半分は間違っていると感じています。
正確には「ワークブックの例題、演習問題に過学習することが危険」だと思います。

学習者
学習者

まさに、今の自分やん。。
体験記有難すぎる。

ということで、これからの学習計画は、「ワークブック例題の過学習解消」を優先事項とし、徐々に過去問対策に移行する流れを考える。

ここでは、「ワークブック例題の過学習の解消」を考える。

案は以下。
・週に1回小テスト①~⑩を点数の低かった順番に行う
・準1級ワークブックのキーワード要約文の作成
・他書籍から100問抜粋(苦手分野優先)

上記3つの詳細を考える。

・週に1回小テスト①~⑩を点数の低かった順番に行う

ワークブックの例題から徐々にフェードアウトするため、小テストの頻度を週に2回から1回に変更してみる。今までは、小テスト対策に時間をかけていたが、次回からはチートシートを見る程度の対策にとどめて小テストを行う。解いた小テストの間違えた部分を即復習し、翌日以降に持ち越さないように注意する。

 

・準1級ワークブックのキーワード要約文の作成

ざっと1章に10個のキーワードがあると考えると、全部で32章320個のキーワード要約文を作成することになる。1つの要約文に10分かかるとした場合、53時間(3200分)必要となる。この53時間という数字は、今までの勉強時間の1/3に相当し、大分時間がかかってしまう印象だ。せめて、半分の25時間ぐらいで終えたいところ。となると、1つの要約文を5分で作成することを考え、5分で書けるレベルをどの程度にするか決めておきたい。試しに「包除原理」を要約してみると、

包除原理を要約せよ
AとBが排反でない一般の場合には、
P(AまたはB)を表す場合
P(AまたはB)=P(A)+P(B)-P(AかつB)
となる。簡単に説明すると
2つの確率から重なる部分を引くとP(AまたはB)となる原理

上記のようになり、作成に3分53秒かかった。
感想→タイピングだとちょっと不自由、手書きで自作の図を書く程度でよさそう。

とりあえず、作成時間5分を目安にやってみる。

 

・他書籍から100問抜粋(苦手分野優先)

準1級ワークブックの過学習を解消するには、他書籍で学習した方が良い(はず)。ということで、以下書籍に記載の問題を解く予定だ。

・多変量解析法入門
・確率過程の基礎
・自然科学の統計学
・人文・社会科学の統計学
・統計学入門
…etc

ワークブック以外の書籍の問題数は100問を優に超える。そのため、良問や弱点に合わせた問題に絞る必要がある。現段階では、「多変量解析」「確率過程」「ベイズ統計」辺りをメインで学習していきたいところ。

以上の3つを軸に学習していこう!

 

最後に

学習ログの日報は、こちらのアカウントで発信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました