【統計検定2級】勉強法の反省【学習ログ】

学問系

統計検定2級勉強法の反省【学習ログ】

結果報告と他の反省記事はこちら↓

【統計検定2級】「結果報告」と「反省箇所」【学習ログ】
【統計検定2級】「結果報告」と「反省箇所」【学習ログ】 試験の概要やこれまでの経緯についてはこちら↓ 結果報告 統計検定2級CBT方式を受験した結果、、 不合格!! 合格評価...
【統計検定2級】試験(CBT方式)時の反省【学習ログ】
【統計検定2級】試験(CBT方式)時の反省【学習ログ】 結果報告と他の反省記事はこちら↓ 2021年6月1日に統計検定2級を受験しました。 結果は、、、不合格。 この経験を次に生かすため、反省記事を書きます。 ...
【統計検定2級】計画作成時の反省【学習ログ】
【統計検定2級】計画作成時の反省【学習ログ】 結果報告と他の反省記事はこちら↓ 統計検定2級を2021年6月1日に受験しました。結果、不合格。 この経験を次に生かすため、反省記事を書きます。 計画作成時の反省...

統計検定2級を2021年6月1日に受験しました。結果、不合格。

この経験を次に生かすため、反省記事を書きます。

勉強法の反省点

今回の試験勉強のやり方で良かった点と悪かった点があった。以下では、悪かった点に着目し、対策を考える。

・解法パターンの定着度

悪かった点1つ目は、解法パターンが定着していなかったことによる、問題を解くスピードの遅さだ。

実際に、統計検定問題集のある大問を解いた時間を見てみる。

以下、画像。※顕著な例を紹介

上記表の項目説明
①正誤:演習1回目の正誤
①時間:演習1回目のその問いの回答にかかった時間
②正誤:演習2回目の正誤
②時間:演習1回目のその大問の回答にかかった時間

演習1、2回目共に正解の問題の中から、1回目と2回目でかかった時間の差が大きいものを抜き出してみた。結果、画像1つ目の差は7.64m、2つ目は4.55m、3つ目は5.57となった。1つの問題集を解く時間の1回目と2回目の差を見ると、差が大きい場合で約30分、小さい場合で約15分となった。

つまり、解法パターンは知っているが、使い方に不慣れなため、1回目の解くスピードは遅く、2回目から一気に早くなる傾向がある。

学習者
学習者

うんうん、実際に解いてたときもそんな風に感じたな。

 

 

解法パターンを効率よく定着させ、解くスピードを上げるための対策を考えてみる。

 

普通に考えると、「とにかく問題を多くとけば良いんじゃね」となってしまいそうだが、実際問題、1日の中で机に向かって問題を解く時間は、そう多くはとれない。そのため、机に向かって問題をひたすら解かなくても、解法パターンを効率よく定着させる方法を考えた方が良い。

つまり、今回の対策案の前提条件は、「いつでもできる」だ。もっと、具体的に言うと、「スマホでできる」だ。

対策案の前提条件

いつでもできる!スマホでできる!

スマホで勉強するとなると、Ankiによる単語カード的な学習になってしまう。

学習者
学習者

うんうん、Ankiは便利すぎて、いつの間にか、Ankiでしか勉強してないってなっちゃうんだよね。まぁ、この習慣を利用して、Ankiの活用法だけ変えて、これまでとは違った効果が得られると良いんだけど。。

 

 

ということで、新しいAnkiの活用法を考える。

 

今までのAnki活用法の基本は2つ、「文章の穴埋め」と「問題文をそのまま載せる」だ。以下、画像。

実際に、上記2タイプのAnkiカードで学習すると、前者はすぐに覚えられる反面、後者は何度やってもぼやっとしか覚えていない感覚になる。にもかかわらず、やった感だけ得られてしまう。

おそらく、後者のAnkiカードの効果が低かったために、解法パターンの定着が遅れたと思われる。

よって、問題文を軸としたAnkiカード作成方法の改善が必要だ。

 

ということで、突然だが、以下の方法を考えてみた。

1.類似問題を3~4つ集める
2.類似問題を抽象化する
3.場合分けをする
4.比較のAnkiカード作成
5.流れのAnkiカード作成

実際に作ってみたのがこちら↓

統計検定 ツリー式Anki
XMind is the most professional and popular mind mapping tool. Millions of people use XMind to clarify thinking, manage complex information, brainstorming, get w...

Ankiカードはこんな感じ↓

学習者
学習者

ふむふむ、これなら1つの解法パターンの流れも覚えつつ、どの解法パターンを使えば良いかの判断も早くなりそうだ。

ただ、この方法は”解けた”類似問題を集める必要があるため、ある程度理解度が高まってきたときに、頭の整理として作成した方がよさそうだ。

 

せっかくなので、このAnki活用法に名前をつける。

「ツリー型Anki活用法」

対策まとめ

ツリー型Anki活用法を使う

 

・テストの間隔

悪かった点2つ目は「テストの間隔」だ。ここで言う「テスト」とは、参考書や問題集に記載の問題を解く作業であり、自作の問題(Ankiなど)を解く作業ではない。Ankiによる学習では、アプリが間隔を管理しているが、手を動かして解く必要のある問題(Anki学習では不十分な問題)の間隔は、自分で管理する必要があり、手間がかかる。結果、後者の間隔は、常に後回しになってしまい、気付けば試験日となってしまった。

上記のようになってしまった理由は、以下が考えられる。

・「手を動かす」の障壁と習慣
・そもそも時間がない

上記3つの対策を考える。

 

・「手を動かす」の障壁と習慣

パソコンやスマホで勉強するようになり、「紙に書く」という行為がめんどくさく感じた。めんどくささを解消することで、この問題は解決できる。

対策として、実際にやってみたのがこちら↓

問題を電子化して、タブレット上で解き、その解いた形跡を保存する。※Lenovoのideapad c340をタブレットモードで使いました。

保存したデータ↓

ゆくゆくは、この問題と解いた後の画像をAnkiカードにして、定期的に思い出す習慣をつけたい。

 

・そもそも時間がない

時間が足りない問題は、試験日を調整することでなんとかする。

詳細はこちら↓

【統計検定2級】計画作成時の反省【学習ログ】
【統計検定2級】計画作成時の反省【学習ログ】 結果報告と他の反省記事はこちら↓ 統計検定2級を2021年6月1日に受験しました。結果、不合格。 この経験を次に生かすため、反省記事を書きます。 計画作成時の反省...

 

対策まとめ

・タブレットを活用する
・試験日を調整する

 

・弱点の補強

悪かった点3つ目は、「弱点の補強」だ。まずは、以下の画像を見てほしい。

各セクション分析欄の正解率を見ると、※全部で32問

1.1変数・2変数記述統計の分野  :75%
2.データ収集・確率・分布の分野:58%
3.推定・検定・線形モデルの分野:43% ※3~4問ほど解いていない

タイムオーバーで終盤の問題が解けなかったことを考慮すると、「2.データ収集・確率・分布の分野」が弱点となり、足を引っ張っているのが分かる。

学習者
学習者

うんうん、試験前から確率系の問題に苦手意識があったね。

で、この弱点を補うために、なにをしたかというと、、、実はなにもしていない。

なので、ここで、弱点補強のやり方を考えてみる。

 

弱点補強を考える上で参考にしたのは、このシリーズ本。

最新研究からわかる 学習効率の高め方 第1巻 - ふろむだ - BOOTH
本書は、科学研究から得られた知見を使って学習効率を上げるための本です。 12万部のベストセラーとなった前著と同様、大量の図とイラストを使って、わかりやすく解説しています。 特に、英語学習中の方、受験生、教師の方、小学生~高校生の親御さんに読んでいただきたいです。 本書は全5巻(派生編も含めると全8巻)構成です。 本書は...

学習効率を考えると「弱点勉強全テスト」が良いと分かった(うまく理解できていないかもだけど)。ただ、忘れづらくなった知識は、勉強もテストも効果がないとのことだった。

上記をふまえた上で、以下のような表を作成してみた。

青色が正解した問題、赤色が不正解の問題。テスト欄が赤いセル(不正解)になった場合は、左隣の勉強欄も赤くなり、弱点勉強が必要なことを示す。

学習効率本より、勉強とテストの間隔をとった方が効率良いとあったので、セル内には実施日を書く。そして、勉強実施日から長い時間経っているものからテストを実施する。

学習者
学習者

これで、弱点補強の流れはできた!
試験勉強が楽しみになってきたぞ!

 

せっかくなので、この表に名前をつける。

「弱点勉強全テスト管理シート」

 

対策まとめ

弱点勉強全テスト管理シートを活用する

 

最後に

試験勉強開始日は、6月14日を検討しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました