【UiPath】検索結果の取得を試みる①【初心者】

UiPath

UiPath検索結果取得を試みる①【初心者】

今回は、UiPathで「検索結果の取得」にトライしてみます。

目的

検索キーワード別の検索結果を取得し、Excelに記入する。

検索キーワードは、「AA BB」「AA CC」……のように、2つ目のワードを変えたもの。

取得するデータは、検索表示1位のタイトルとリンク。

イメージはこんな感じ↓

検索キーワードタイトルリンク
AA BBXhttps…
AA CCYhttps…
AA DDZhttps…

仮説①

この手順でできる?

1.Excelファイルに検索キーワードを記入
2.検索キーワードが記入されているセルを取得
3.取得したキーワードでWeb検索(ブラウザ操作)
4.検索結果をスクレイピング機能で取得
5.取得したデータをExcelファイルに記入

検証①

1.Excelファイルに検索キーワードを記入

SEO対策のGoogleキーワードプランナーの代わりに使えるナンバーワンの無料キーワードツール
SEOおよびPPCキーワードリサーチのGoogleキーワードツールの代わりに使えるナンバーワン無料ツール! Googleサジェストから750以上(関連性100%)のロングテールキーワードを瞬時に手に入れることができます!

上記サイトより、検索キーワードを調べる。検索キーワードは「UiPath ○○」。

表示されたキーワードのいくつかを抜粋し、Excelファイルに記入。

2.検索キーワードが記入されているセルを取得

「セルを読み込み」アクティビティを使用して、セルに記入されているキーワードを取得する。

取得したキーワードを変数Keyword1に格納し、メッセージボックスで表示してみる。

正しく表示された。

学習者
学習者

検索キーワードの取得は簡単だね。

3.取得したキーワードでWeb検索(ブラウザ操作)

取得したキーワードでGoogle検索を行ってみる。

上記画像のように、「ブラウザーを開く」アクティビティでGoogleを開き、「文字を入力」アクティビティで変数Keyword1に格納されたテキストを記入。

「ブラウザーを開く」アクティビティのプロパティ欄から、ブラウザーの種類を「chrome」に変更。
実行すると、

上記画像のように、UiPath部分がおかしくなった。文字入力を半角英数字に変更して、再度、実行したところ、

正しく記入された。

検索結果ページに移動するアクティビティを追加する。

「ホットキーを押下」アクティビティを設置し、キーを「enter」に設定する。

実行してみる。

検索結果画面に移動した。

4.検索結果を取得

スクレイピング機能を活用し、検索結果の取得を試みたところ、思ったようにならなかった。そのため、スクレイピング機能を使わずにデータの取得を試みる。

検索結果1位のURL取得に着目して考える。

アクティビティを上から順番に説明する。

クリックアクティビティ:検索結果1位のページに移動する
ホットキーを押下(Alt+d) :アドレスバー(URLが表示されているところ)を選択
ホットキーを押下(Ctrl+c):選択中のURLをクリップボードにコピー
クリップボードから取得:クリップボードにコピーしたURLを取得

実行してみる。

検索結果1位のURLが、正しく取得できていた。

5.取得したデータをExcelファイルに記入

取得したデータをExcelファイルに記入する。

「セルに書き込み」アクティビティを使用して、Excelファイルに取得したURLを記入する。

実行してみる。

指定の箇所にURLが記入された。

検証結果①

結果、検索キーワードのURLを取得して、Excelに記入できた。しかし、改善すべき点は多い、それらを以下に羅列する。

・タイトルはどのように取得するのか
・そもそも汎用性はあるのか
・読み込み書き込みセルはその都度手動で変えるしかないのか
・他のキーワードの検索結果1位ページの表示を安定させるには

次回の課題は、上記となる。おそらく、「繰り返し」アクティビティやDataTable、もしかすると、キューを活用するかもしれない。

参考文献

【UiPath】データスクレイピングでWebからデータを取得しCSVに書き出す

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました