【UiPath】「データ操作が使用される重要性」を理解する【初心者】

UiPath

UiPath】「データ操作が使用される重要性」を理解する【初心者】

UiPathの学習追体験記事です。
※あくまで学習中の脳内を記事にしたものなので、この記事の内容が”正しい”とは限りません。

参考:学習効率本5巻 「知識の自作」

最新研究からわかる 学習効率の高め方 第5巻 - ふろむだ - BOOTH
基本的に、本書の第1~4巻を読んでいない方は、この巻を理解できませんので、ご注意ください。 ファイル形式はPDFです。

0.動機

「UiPath RPA アソシエイト資格試験」を受けたい!
と思い、練習問題のプラクティステストを受けてみたが、正答率は半分にも満たなかった。徹底的にプラクティステストの復習をするしかない!

ということで、本記事では、プラクティステストで間違えた問題の復習の様子を書きつらねていきます。

まずは、間違えた問題の紹介。

[1行を書き込み(Write Line)]アクティビティを使用して、[出力(Output)]パネルに現在日付を「dd-MM‐yyyy」形式で表示するための正しい式はどれですか。

引用元:https://www.pearsonvue.co.jp/uipath
UiPath RPA アソシエイト資格試験 プラクティステスト

解説部分には、この問題で求めている知識が紹介されていた。内容は以下。※答えは明示されてない

トピック:データ操作が使用される重要性と理由(例:あるデータから別のデータ型への変換など)を説明する。

引用元:https://www.pearsonvue.co.jp/uipath
UiPath RPA アソシエイト資格試験 プラクティステスト

 

筆者
学習者

この重要性は、素人ながらめっちゃ分かる!処理する前にデータ型を揃えないといけないから、データ型の変換は必須!

では、以下から、「データ操作」の復習をしていく。

1.座学

書籍やネットの情報をもとに学習

検索

理解する対象に関する情報を書籍やネットで調べる。

今回の理解の対象である「データ操作」については、UiPathアカデミーの以下の階層にあった。

UiPathアカデミー>UiPath Studio開発 初級コース>レッスン一覧>データ操作

UiPath Academy

では、「データ操作」の説明文を見てみる。

……

「データ操作とは…」のような文章は見当たらなかった。そのため、自分なりに解釈する。

 

データ操作(学習者の予想)

データの型を変更する操作。例えば、Double型の「1」をString型の「1」にする操作。

引用:学習者の予想

 

学習者
学習者

当たり前の知識すぎて、わざわざ明記するまでもないのだろうな~。
まぁ、なんとなくやりたいことは、分かる気がする。

吟味

「データ操作(学習者の予想)」の説明文を軸に考えを膨らませる。

筆者
学習者

正直、型の変更方法の予想がつかない。Double型の「1」をString型の「1」にする方法なら、なんとなく予想つくけど、それ以外は予想できない。String型の「文字列」をDouble型にするなんて絶対ムリでしょ。

となると、変更可能なデータ型とそうでないデータ型があるのかもしれない。もしくは、複数の型を扱えるものがあるのかも。

UiPathアカデミーでざっと調べてみた。
UiPath Academy

まずは、「変更可能なデータ型とそうでないデータ型について」を意識して調べた。以下、結果。

レッスン一覧>データ操作

上記のレッスンの最初のタイトルは「文字列データの操作」だった。

内容的には、「データの型を操作」というより、「文字列データ自体の操作」をメインに扱っている内容だった。

「データの型を操作」という意味では、String型以外のデータをString型に変更する操作の説明はあったが、その逆(String型→String型以外)の操作についてはなかった。

学習者
学習者

私の「変数の型、揃えるのめんどい」という思いが、間違った解釈につながってしまったようだ。切り替えていこう。

「データ操作」は、「データ自体の操作」というならば、どのように操作するのだろう。

変数に格納されている値を上書きすることなら今までもやってきたが、付け加えたり、一部を消去したりはしてこなかった。

今回は、それができるようになるのかな。

2.実践

実際に手を動かすことで理解を深める。

文字列データを操作してみる

UiPathアカデミーで紹介されている方法を確認すると、「VB.NET メソッド」を使用していた。UiPathアカデミーの内容を参考にしつつ、「VB.NET メソッド」による文字列操作を試みる。

・.ToString メソッド

UiPathアカデミーによる「.ToString メソッド」の説明文は、以下。

.ToString メソッドとは、他の変数の型を文字列型へ変換するときに使用する「VB.NET メソッド」です

引用元:https://academy.uipath.com/jp/learningpath-viewer/1954/1/153403/16

学習者
学習者

ふむふむ、String型にデータを変更できるわけだね。
つまり、「Int32型の変数(.ToString メソッド)+String型の変数」をメッセージボックスで表示できるということになるかな。

実際にやってみる。

まずは、「Int32型+”文字列”」をメッセージボックスで表示することを試みる。

もちろんエラー。

変数Intに.ToString メソッドを使ってみる。

エラーがなくなり、正しく実行できた。

学習者
学習者

「.ToString メソッド」を使うことで、String型の変数に変更できるんだね。逆パターンはある?

【初心者はこう考える】のコーナー
「わざわざ、.ToString メソッドを使わなくても、ダブルクォーテーション(”)で囲めばよくね。」
つまり、こういうこと。
「”Int”+” ボーナス確定!”」
実行結果
「Int ボーナス確定!」
変数Intと認識されず、文字列Intと認識される。

「Int.To……」が他にあるか確認してみた。

なかった。

学習者
学習者

やはり、String型以外に型を変更するメソッドはないみたいだ。

・Contains メソッド

UiPathアカデミーによる「Containsメソッド」の説明文は、以下。

Containsメソッドは、テキストに特定の単語または、フレーズが含まれているかどうかをチェックし、結果をTrue / Falseの値で返すメソッドです

引用元:https://academy.uipath.com/jp/learningpath-viewer/1954/1/153403/16

学習者
学習者

よくある「検索」機能みたいなものかな。

実際に使ってみる。

true/falseを返すメソッドなので、「条件分岐」アクティビティを設置。

変数Int(String型)に「7」という文字列が含まれているかをチェックし、含まている(true)のならば、メッセージボックスで「含む」と表示、含まれていない(false)のであれば「含まない」を表示するフローを作成。

実行。

「含む」と表示された。

学習者
学習者

シンプルな機能で分かりやすい!

・文字列操作メソッドの種類

.ToString メソッドやContains メソッドなどで文字列を操作できることは分かった。1つ1つ文字列操作メソッドを試してみたいところだけど、一旦、底を知りたい。

文字列操作メソッドが何種類あるか調べてみた。

【UiPath】VB.NET関数一覧(文字列)
UiPathの文字列操作の際にVB.NET関数が使えます。文字列のVB.NET関数一覧をまとめました。

上記記事で紹介されていた文字列操作メソッドは、合計22個あった。

学習者
学習者

ちょっと多いかな。

3.まとめ

データ操作に着目して、学習を行ってみた。今回の学習で理解したことを自分の言葉でまとめてみる。

・データ操作は「データの”型”の操作」のみではなく、「データ”自体”の操作」も含む(どちらかと言うと後者がメイン?)
・型の操作は、String型以外からString型に変更はできるが、String型以外に変更することはおそらくできない。
・データ操作は「VB.NET関数」で行う

学習者
学習者
文字列をいじりたい場合は、VB.NET関数を使おう!

4.反省

今回の学習で大きな勘違いがあった。反省する。

反省

「データ操作」を「データの”型”操作」と思い込んでいた。正しくは、「データ”自体”の操作(型も含む)」

5.参考文献

https://academy.uipath.com/jp/
基礎がよくわかる!ゼロからのRPA UiPath超実践テクニック | 将明, 吉田 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで将明, 吉田の基礎がよくわかる!ゼロからのRPA UiPath超実践テクニック。アマゾンならポイント還元本が多数。将明, 吉田作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また基礎がよくわかる!ゼロからのRPA UiPath超実践テクニックもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
【UiPath】VB.NET関数一覧(文字列)
UiPathの文字列操作の際にVB.NET関数が使えます。文字列のVB.NET関数一覧をまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました