【UiPath】「UiPath Robotの特徴」を理解する【初心者】

UiPath

UiPath】「UiPath Robotの特徴」を理解する【初心者

UiPathの学習追体験記事です。
※あくまで学習中の脳内を記事にしたものなので、この記事で書かれてあることが”正しい”とは限りません。

参考:学習効率本5巻 「知識の自作」

最新研究からわかる 学習効率の高め方 第5巻 - ふろむだ - BOOTH
基本的に、本書の第1~4巻を読んでいない方は、この巻を理解できませんので、ご注意ください。 ファイル形式はPDFです。

0.動機

「UiPath RPA アソシエイト資格試験」を受けたい!
と思い、練習問題のプラクティステストを受けてみたが、正答率は半分にも満たなかった。徹底的にプラクティステストの復習をするしかない!

ということで、本記事では、プラクティステストで間違えた問題の復習の様子を書きつらねていきます。

まずは、間違えた問題の紹介。

UiPath Robotの特徴は何ですか。

引用元:https://www.pearsonvue.co.jp/uipath
UiPath RPA アソシエイト資格試験 プラクティステスト

解説部分には、この問題で求めている知識が紹介されていた。内容は以下。※答えは明示されてない

トピック:さまざまなUiPath製品(Studio、Orchestrator、および、Robots)の機能と、UiPath Studio Community EditionとEnterpriseの違いについて説明する。

引用元:https://www.pearsonvue.co.jp/uipath
UiPath RPA アソシエイト資格試験 プラクティステスト

 

筆者
学習者

「各UiPath製品と各プランの違い」について理解しよう!

とはいえ、すべてを試すと膨大な作業になってしまう。そのため、まずは、UiPath Robotに絞って考えよう。

では、以下から、UiPath Robotの復習をしていく。

1.全体像理解

全体像理解とは、理解する項目の位置づけを把握すること。

垂直的理解

理解する対象が、UiPathアカデミーの「どのコース」「どの章」にあるかを確認する。

今回の理解の対象であるUiPath Robotについては、以下のコースの章に記載があった。

UiPathアカデミー>RPA概論コース>UiPath プラットフォームの紹介

https://academy.uipath.com/jp/learningpath-viewer/3565/1/153421/16

では、UiPath Robotの説明文を見てみる。

 

UiPath Robot

実行 アプリケーション上のデータを活用し、ロボットにより自動化実行を行います

引用元:https://academy.uipath.com/jp/learningpath-viewer/1956/1/153416/16

 

筆者
学習者

「命令を実行するもの」という感じかな。

他にも、「開発」にUiPath Studioが、「管理」にOrchestratorがあった。

水平的理解

UiPath Robot以外の製品を調べてみた。結果は以下。※代表的なもののみ記載

発見開発管理実行協働
AutomationStudioOrchestratorRobotAssistant

 

筆者
学習者

「Robotを使ってる」って思ったことがないな。
自分の場合、Studioでプロセスを作成、Orchestratorで管理、Assistantから実行しているイメージ。
どこにRobotを使っていたのだろう。

・メタファーを考える

メタファーとは、

メタファー(隠喩)とは、あることを表現するのに際して、他のものを喩えとして借りて示すこと

引用元:知識創造の方法論(書籍)
https://amzn.to/37aXQaj

UiPath Robotを含むプラットフォームの説明文から、それぞれのメタファーを考えてみる。

各UiPath製品を「料理」で喩えると、

項目製品喩え
発見Automation「○○のようなもの食べたい」という曖昧な欲求
開発Studio欲求を満たす料理を作る(商品開発者)。後、レシピ作成
管理Orchestratorレシピ集 クックパッド的なもの
実行Robot調理する人
協働Assistantレンジ、オーブン、炊飯器など

 

筆者
学習者

なんとなく、こんなイメージかな。
自分の今の理解度では、「管理 Orchestrator」と「実行 Robot」の区分けができていない気がする。

「管理者からの指示」と「指示を受ける人」で考えると、理解が進みそう。

・Robot(指示を受ける人)に種類はある?

野球で喩えるなら、

監督の指示を受ける人は、役割ごとにカテゴライズされた選手となる。例えば、投手の○○選手や野手の◇◇選手など。

となると、Robotも○○ロボットや◇◇ロボットなどの役割ごとの名称があるかもしれない。

調べてみた。結果は以下。

UiPath Orchestratorからロボットを作成・編集を試みたところ、「種類」の欄があったので覗いてみた。

これらが、野球で言うところの投手・野手・捕手にあたるのかもしれない。

学習者
学習者

「Robotには種類がある」ということは分かった。
でも、Robotが”なんのためにある”かは未だ分からない。
だって、実行だけなら、UiPath StudioやUiPath Assistantからできるわけだし。。

・Studio実行とRobot実行の違いを考える

Studioからの実行とRobotからの実行の違いを考えてみる。

まずは、Studioからの実行をおさらい。

実行結果、

次に、Robotから実行してみる(いつもはAssistantから実行しているが、今回はUiPath Robotから実行する)。

実行結果、

両者の実行結果は、同じだった。

学習者
学習者

結果は同じかぁ~。
料理で喩えるなら、同じレシピを見て、調理していることと同じだからね。逆に、結果が変わってしまう方が困る。

実行結果が同じなら、実行までのプロセスに着目するとどうだろう。

Studioからの実行を、「商品開発者の味見(テスト)」と捉えると、Robotからの実行は「管理者からの命令に従い実行」となるはず。

・「Robotからの実行」の特徴

「管理者からの命令ありき」

「Robotからの実行」の特徴を上記と仮定して考えてみる。

Robotからの実行は、管理者からの命令により発動するのならば、「管理者からの命令」になにかしらの選択肢があってもおかしくないはず。

例えば、「○○のときに実行しろ」や「○○のように実行しろ」など。

つまり、「5W1Hを設定して実行できるのが、UiPath Robotの特徴ではないか」ということ。

学習者
学習者

そういえば、以前に、ロボットタイプAttended・UnAttendedについてを勉強したよね。たしか、その時は、UnAttendedに設定した場合、時間指定の実行ができたはず。

【UiPath】ロボットタイプAttended・UnAttendedを理解する【初心者】
【UiPath】ロボットタイプAttended・Unattendedを理解する【初心者】 UiPathの学習追体験記事です。 ※あくまで学習中の脳内を記事にしたものなので、この記事で書かれてあることが”正しい”とは限りません。 参...

 

学習者
学習者

となると、Robotからの実行は、時間指定などの条件付き実行を行えることが特徴なのかもしれない。

 

ここで、一旦、セーブしておく。

2.まとめ

UiPath Robotの特徴は、条件付き実行を行えること(かもしれない)。

学習者
学習者

ロボットの各種類(AttendedやUnAttendedなど)は、どのような条件をつけてプロセス実行できるのかな。

3.参考文献

https://academy.uipath.com/jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました