【Twitter×Excel】ツイートを各項目ごとに自動でランキング化できた【分析】

Excel

分析は大事だが、分析に必要なデータの作成が大変なんだよな~。なんとか自動化したいところ。

という悩みを抱えていましたが、無事に解決できました!

項目ごとのツイートランキングを自動作成

以下のようにして、解決しました。

1.事前知識

以下の記事の続きとなります。

【Twitter×Excel】Twitterアナリティクスから取得したCSVデータをExcelで自動加工できた【5分→1分】
分析は大事だが、分析に必要なデータの作成が大変なんだよな~。なんとか自動化したいところ。 という悩みを抱えていましたが、無事に解決できました! Excelマクロで簡単自動化 以下のようにして、解決し...

2.使用したもの

・Excel マクロ

3.手順

表の大枠となるシートを作成。
Excelマクロを使用して、項目ごとのツイートランキングを自動作成。

準備

以前のデータ確認と今回使用するシートを作成します。

・以前のデータ確認とシート作成

【Twitter×Excel】Twitterアナリティクスから取得したCSVデータをExcelで自動加工できた【5分→1分】
分析は大事だが、分析に必要なデータの作成が大変なんだよな~。なんとか自動化したいところ。 という悩みを抱えていましたが、無事に解決できました! Excelマクロで簡単自動化 以下のようにして、解決し...

上記記事で作成したデータを確認します。

ユーザープロフィールクリック率とURLクリック率を追加したものですね。

上記画像のようなシートを作成します。

シート名は「Sheet2」とします。

コード記入・修正・実行

ランキングを作成するコードをマクロに記入後、微調整を行い、実行します。

①コード記入

マクロを作成していきます。

開発>Visual Basic

をクリック。

標準モジュール>Module1

をダブルクリックします。表示されたModule1ウィンドウに以下のコードを追加で記入します。

Sub Twitter分析表作成②()
'
' Twitter分析表作成② Macro
'   使用前準備↓
'   ファイル名を置換してください
'   filename→tweet_activity_metrics_Hide21Hk_xxxx_yyyy_ja
    
    ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort.SortFields.Clear
    ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort.SortFields.Add2 _
        Key:=Range( _
        "filename[[#All],[ユーザープロフィールクリック率]]" _
        ), SortOn:=xlSortOnValues, Order:=xlDescending, DataOption:=xlSortNormal
    With ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort
        .Header = xlYes
        .MatchCase = False
        .Orientation = xlTopToBottom
        .SortMethod = xlPinYin
        .Apply
    End With
    Range("L2:L6").Select
    Selection.Copy
    Sheets("Sheet2").Select
    Range("C3").Select
    Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
        :=False, Transpose:=False
    Range("C6").Select
    Sheets("Sheet1").Select
    Range("C2:C6").Select
    Application.CutCopyMode = False
    Selection.Copy
    Sheets("Sheet2").Select
    Range("B3").Select
    ActiveSheet.Paste
    Range("B12").Select
    Sheets("Sheet1").Select
    Application.CutCopyMode = False
    ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort.SortFields.Clear
    ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort.SortFields.Add2 _
        Key:=Range( _
        "filename[[#All],[ユーザープロフィールクリック]]" _
        ), SortOn:=xlSortOnValues, Order:=xlDescending, DataOption:=xlSortNormal
    With ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort
        .Header = xlYes
        .MatchCase = False
        .Orientation = xlTopToBottom
        .SortMethod = xlPinYin
        .Apply
    End With
    Range("K2:K6").Select
    Selection.Copy
    Sheets("Sheet2").Select
    Range("C10").Select
    ActiveSheet.Paste
    Sheets("Sheet1").Select
    Range("C2:C6").Select
    Application.CutCopyMode = False
    Selection.Copy
    Sheets("Sheet2").Select
    Range("B10").Select
    ActiveSheet.Paste
    Sheets("Sheet1").Select
    Application.CutCopyMode = False
    ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort.SortFields.Clear
    ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort.SortFields.Add2 _
        Key:=Range( _
        "filename[[#All],[エンゲージメント率]]"), _
        SortOn:=xlSortOnValues, Order:=xlDescending, DataOption:=xlSortNormal
    With ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort
        .Header = xlYes
        .MatchCase = False
        .Orientation = xlTopToBottom
        .SortMethod = xlPinYin
        .Apply
    End With
    Range("G2:G6").Select
    Selection.Copy
    Sheets("Sheet2").Select
    Range("C17").Select
    ActiveSheet.Paste
    Sheets("Sheet1").Select
    Range("C2:C6").Select
    Application.CutCopyMode = False
    Selection.Copy
    Sheets("Sheet2").Select
    Range("B17").Select
    ActiveSheet.Paste
    ActiveWindow.SmallScroll Down:=15
    Sheets("Sheet1").Select
    Application.CutCopyMode = False
    ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort.SortFields.Clear
    ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort.SortFields.Add2 _
        Key:=Range( _
        "filename[[#All],[インプレッション]]"), _
        SortOn:=xlSortOnValues, Order:=xlDescending, DataOption:=xlSortNormal
    With ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort
        .Header = xlYes
        .MatchCase = False
        .Orientation = xlTopToBottom
        .SortMethod = xlPinYin
        .Apply
    End With
    Range("E2:E6").Select
    Selection.Copy
    Sheets("Sheet2").Select
    Range("C24").Select
    ActiveSheet.Paste
    Sheets("Sheet1").Select
    Range("C2:C6").Select
    Application.CutCopyMode = False
    Selection.Copy
    Sheets("Sheet2").Select
    Range("B24").Select
    ActiveSheet.Paste
    Sheets("Sheet1").Select
    Application.CutCopyMode = False
    ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort.SortFields.Clear
    ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort.SortFields.Add2 _
        Key:=Range( _
        "filename[[#All],[エンゲージメント]]"), _
        SortOn:=xlSortOnValues, Order:=xlDescending, DataOption:=xlSortNormal
    With ActiveWorkbook.Worksheets("Sheet1").ListObjects( _
        "filename").Sort
        .Header = xlYes
        .MatchCase = False
        .Orientation = xlTopToBottom
        .SortMethod = xlPinYin
        .Apply
    End With
    Range("F2:F6").Select
    Selection.Copy
    Sheets("Sheet2").Select
    Range("C31").Select
    ActiveSheet.Paste
    Sheets("Sheet1").Select
    Range("C2:C6").Select
    Application.CutCopyMode = False
    Selection.Copy
    Sheets("Sheet2").Select
    Range("B31").Select
    ActiveSheet.Paste
    ActiveWindow.SmallScroll Down:=-27
End Sub

「Twitter分析表作成②」はマクロの名前です。自由に変えてもらってかまいません。

②コードの修正と実行

実行するファイルに合わせて、修正していきます。

上記画像は、コードをそのままコピペした状態です。ここから修正を加えていきます。

修正内容は簡単です。

開いているファイル名を指定の場所に置換するのみです。では、やってみましょう。

編集>置換

をクリック。

検索する文字列:filename
置換後の文字列:開いているファイル名※ファイル形式を表す「.○○」の部分は含まない

上記のように記入します。

「次を検索」と「置換」を繰り返して、コード内のfilenameの部分をファイル名に置き換えます。

Module1ウィンドウ右上の表示がこれから実行するマクロ名になっていることを確認し、「実行」アイコンをクリックします。

③確認

Sheet2のシートを確認してみましょう。

上記のように、項目ごとにランキング化されていたら成功です。

このように、Excelのマクロ機能を使用することで、Twitter分析に必要なデータを自動で作成することができます。

4.まとめ

本記事のまとめです。

・Excelのマクロ機能を使うことでTwitter分析に必要なデータを素早く作成できる
より良い自動化ライフを送るために、今後も試行錯誤していきます。

5.参考文献

Excelマクロ&VBA やさしい教科書 [2019/2016/2013/Office 365対応] (一冊に凝縮) | 古川 順平 | コンピュータ・IT | Kindleストア | Amazon
Amazonで古川 順平のExcelマクロ&VBA やさしい教科書 [2019/2016/2013/Office 365対応] (一冊に凝縮)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました