【学習効率化】読書を活かす 私のAnkiデッキの作り方

実験系(やってみた)

大量の本を読むのは良いことだけど、どれも内容を忘れてしまっている感じがして、もったいない。本の内容を自分の中で効率よく定着させる方法はないかな~。

という問題を抱えていましたが、無事に解決できたかもしれません!

Ankiで読書習慣を改善!? 私のAnkiデッキ作り方

以下のようにして、解決しました。

1.まず、Ankiとは

まずは、以下の引用文をご覧ください。

AnkiとはDamien Elmesが開発している分散学習システム(SRS; Spaced Repetition learning Systems)です。

はじめてのAnki – まず使ってみる | the right stuff (luminousspice.com)

分散学習システム??

ってなりますね。私もそうです。

簡単に言ってしまうと、Ankiは、

覚えるという作業の間隔を動的に最適化するものです。

みなさんも経験あると思いますが、例えば、英単語を100個覚えようと思ったら、その100個の中で覚えやすいものと覚えづらいものがありますよね。で、覚えやすいものは復習までの期間を長くしたり、覚えづらいものは復習の間隔を狭めたりしますよね。

Ankiは、それを自動で行ってくれるアプリなのです。

Anki – powerful, intelligent flashcards (ankiweb.net)

2.Ankiに出会ったきっかけ

ふろむださん著書の「学習効率本」を読み進めていたところ、学習効率を上げるツールとしてAnkiが紹介されているのを目にしました。

学習効率本5巻

最新研究からわかる 学習効率の高め方 第5巻 - ふろむだ - BOOTH
■2021年8月5日追記 本書の第3~5巻を増補改訂したバージョンを、2021年8月5日にアップロードしました。 増補改訂の具体的な内容は、以下の記事に詳しく書きました。 2021年8月5日以前に第3~5巻をダウンロードされた方は、再ダウンロードをお願いします。 =============== ■基本説明 基本的に、...

3.使用目的

私のAnkiの使用目的は、読んだ本の中で「これは覚えておきたい!」と思ったものを忘れないようにするためです。

以下、その目的を果たすための私の方法を紹介したいと思います。

4.使用したもの

・Anki

Anki – powerful, intelligent flashcards (ankiweb.net)

・Kindle Cloud Reader

Amazonサインイン

5.手順

①ハイライトにする

まず、本の覚えたい箇所を決めます。

その箇所をハイライトにします。ハイライトの色を変えると分かりやすくなります。

※ハイライト後、更新を忘れずに。

「Kindle Cloud Reader」と検索しましょう。

アマゾンに登録してあるメールアドレスまたは電話番号を記入、パスワードを記入し、ログインしましょう。

上記の画像のように、「メモとハイライト」を示すアイコンをクリック。

先ほど、ハイライトにした箇所が表示されていれば成功です。

表示された箇所をコピーしましょう。

メモとハイライトからコピペする理由
kindle本の内容をkindle上でコピペすると、コピペ内容以外の部分(本タイトルなど)もペーストされてしまいます。
今回の記事の方法だと、余計な部分はペーストされず、純粋にコピーした部分だけペーストされます。

②Ankiに追加

先ほどコピーした部分のAnkiカードを作成していきます。

Add(追加)をクリック。

Backに①でコピーした部分をそのままペースト。

FrontにBackの内容の一部分を空欄にしたものを作成。

Backは答え部分、Frontは問題部分になります。

最後にAdd(追加)をクリック。

6.感想

本の内容を定着させるためにAnkiを使いはじめて、まだ1週間ほどですが、効果と習慣化のしやすさに関しての感想を述べます。

効果

Ankiカードにすることで定期的に思い出すことが多くなり、自然と本の内容を思い起こしたり、改めて見返したりすることが多くなりました。

なんども思い出すことで、徐々に血肉化されていくだろうと感じています。

ついつい、本を「読みっぱなし」にしてしまい、次につながらないという悩みをお持ちの方には、問題解決のはじめの一歩として、今回の内容は有効かもしれません。

習慣

習慣化は、かなりしやすいと思えます。

理由は、自分が体調不良時でも問題なく取り組めたからです。

しかし、Ankiカードを追加する作業は、多少しんどさがありました。体力と時間に余裕があるときにAnkiカードを追加できれば、問題なくAnkiライフを送れるかと思います。

7.まとめ

本記事のまとめです。

・Ankiは読書習慣をより良いものにする
・Ankiカードの追加は時間と体力に余裕があるときに
より良いAnkiライフを送るために、今後も試行錯誤していきます。
ちなみに、今後、Ankiカード追加代行のサービスをはじめようと思いますので、何卒、よろしくお願いいたします。

8.参考文献

学習効率本5巻

最新研究からわかる 学習効率の高め方 第5巻 - ふろむだ - BOOTH
■2021年8月5日追記 本書の第3~5巻を増補改訂したバージョンを、2021年8月5日にアップロードしました。 増補改訂の具体的な内容は、以下の記事に詳しく書きました。 2021年8月5日以前に第3~5巻をダウンロードされた方は、再ダウンロードをお願いします。 =============== ■基本説明 基本的に、...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました