【感想】「良い本を書くコツ」動画を見て

書評系

最近、ブログを書き始めたんだけど、もっと良い書き方ないかな~、

と思っていたところ、私のTwitterにアクションがあった方のTwitterアカウントを拝見し、とても参考になる動画があったので紹介したいと思います。

参考になった「書き方コツ

内容を簡潔に説明します。

内容は本の書き方のコツを初心者・中級者・上級者に分けて説明されており、その中でも初心者向けの内容がとても参考になりました。

1.初心者向け

印象に残った部分を紹介します。

・まずは書き始めろ

初心者にありがちな、

「なかなか書き始められない問題」

確かに、最初の1文字目が書けない、机に向かっても手が動かないとなりがちです。

筆者
筆者

私もブログを書こうと思いたってもなかなか手が動かず、結局、夜中に急いで書いてしまいます。

・そして書き終えろ

書き始めたのは良いものの、途中で、投げ出してしまう。これもあるあるですね。書いている途中に、

「こんなもの誰が見るのだろうか」

「なんか恥ずかしくなってきた」

と思い、手が止まってしまう。(そして、いつの間にか、下書き欄の闇に。。)

シンプルではありますが、「書き始めること」「書き終えること」初心者はまず、この2つを意識することからですね。

しかし、簡単にこの2つをできるなら、そう困りません。

その問題を解決するために、この動画では、以下の作戦を教えてくれています。

・万里の長城作戦

『長い長い万里の長城の建設と執筆活動を比較して、執筆活動も万里の長城建設のように行うとやりやすいよ』という提案です。

例えが秀逸すぎて、度肝を抜かれました。まさしくそうだなと。

まず、万里の長城の建設方法は、端と端をスタートとゴールにするのではなく、間と間に柱をつくって、その間を埋めるようにして建設していったようです。つまり、スタートしてゴール地点を目指すのではなく、間を埋めていくように建設していったのです。これだと、遠いゴールを目指して取り組むより、一回一回に達成感がうまれ、モチベーションが維持しやすかったのではという考えです。

『これを執筆活動にも取り入れて、書きやすい・書きたいところから書いて、後は間を埋めるように書いていく方法がモチベーションを維持しながら執筆できるコツですよ。』

というお話でした。

この話を聞いて、めちゃくちゃ腹落ちして、画面の前で頷きまくりました。しかし、一点気になったのが、

「書きやすい」ところってなに?

という疑問です。

その疑問に対しても丁寧に説明されていました。

・書きやすいところは頭を使わないところ

ん、頭を使わないで執筆できるの?

って思いますよね。

ここでは、「頭を使わないで書ける」ことの例として、アプリケーションのインストール方法の手順などと説明されていました。

たしかに、インストール方法の説明文は、行動を言葉にしていくだけなので、考える必要ないですね。感覚としては、コピペに近いのかもと思いました。

では、逆に書きづらいところはどの部分だろう。

・はじめの文章は書きづらい

『一番はじめの部分は概要説明になるので、自分の中で書くことがまとまっていないと書けません。そのため、内容ができていない段階で書くのは難しいよ』というお話。

確かに、「はじめに」の文章でこれから書く内容の要約を書かないといけないので、書く内容がまとまっていないと書きづらいですね。そうなると、最初に書き始めるところを一番難しい「はじめに」にしている時点で、なかなか手が動かないのも納得です。

筆者
筆者

この他にも、ためになる情報が多い動画です。以下に続きのリンクを貼っておりますので、ぜひ、ご覧ください。

2.まとめ

なかなか書き始められない場合は以下を試してみよう!
・頭を使わない部分から書き始めよう
・書きたいところから書こう
・「はじめに」以外の部分を書いてみよう

 

3.参考動画・ツイート

技術書界隈を盛り上げる会 #6 初心者から上級者まで!レベル別・良い本を書くコツ
小笠原種高(ニャゴロー陛下)@Docker&k8sきほんのきほん好評発売中 on Twitter
“今年は、お話する機会が多かったので、まとめて貼っておきます。 良い本を書くコツ 技術文章の品質を上げるヒント RPAはオワコンなのか?(UiPath Friends) 敵か味方か謎のRPA(AA特別会) ”
筆者
筆者

大変貴重な動画ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました