【水中ドローン】モーターカバーの装着

使い方

水中ドローンが故障していたというお話は、前回やりましたね。

実は、水中ドローンが修理から返ってくると、ある変化があったのです!

それがこちら!

モーターカバーが追加されていました!

PowerVisionさんありがとうございます!

このモーターカバーは、実はかなり重要なんです!!

上記の写真の水中ドローンは、「未来の釣りができる」と言われてるのですが、

釣り糸を水中ドローンに引っ掛けて、魚がいるところまでもっていく過程で事件が起こります。

釣り糸がプロペラに巻き込まれて切れてしまうのです。

しかし、このモーターカバーがあれば、釣り糸がプロペラに絡まることなく釣り糸を魚の場所までもっていくことができそうです!

これは、嬉しいですね(^^♪

近々、水中ドローンでの魚釣りに挑戦してみようかと思います!(^^)!

次回、「水中ドローンとねじ!?」

お楽しみに!(^^)!

読んでいただきありがとうございます(#^^#)

【追記】

モーターカバーの装着に結束バンドが使われてますね。

このぐらいなら、自分でモーターカバーを作れるかと思います。

fusion360で、モーターカバーを作成して、結束バンドで装着するだけですね。

モーターカバーの作成も、fusion360なら1~2時間以内には、できるかと思います。

あとは、どこで出力するかですね。

【紹介】

水中ドローンについてのお話です!

無料ですので気軽にどうぞ~~!(^^)!

※無料版あり「水中ドローン」「沖縄」のはなし。 - hide21のお店 - BOOTH
マッハ対談2作目になります。 今回は、主に水中ドローンについての内容になっています。 ん、ドローンは聞いたことあるけど、 水中ドローンってなに? 飛ぶの?泳ぐの? 楽しいの? ※BOOTH用と無料版の内容は同じものです。
Amazon.co.jp: 【国内限定版】PowerVision PowerRay 水中ドローン カメラ [ 高画質/4K/ボート/フィッシング/ダイビング ]: カメラ
家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、【国内限定版】PowerVision PowerRay 水中ドローン カメラ を通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品なら通常配送無料(一部除く)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました