【スクレイピング】MongoDBに保存したデータを確認する方法(Robo 3T)

スクレイピング
スクレイピング準備記事
関連記事

【やりたいこと】MongoDBに保存したデータを確認したい!

前回、抽出したデータをMongoDBに保存しました。

しかし、保存された場所が分かりづらく、正しく保存されたかの確認ができていません。

そのため、本記事では、GUIクライアントRobo 3Tを使用して、MongoDBに保存したデータを確認する方法を書きます。

※新 Robo 3T 旧 Robomongo

【10分でできる】はじめてのRobo 3T

※ダウンロード時間は10分の中に含まれていません。

0.概要

Robo 3Tをインストールした後、接続を行います。最後に、前回保存したデータが正しく保存されているか確認します。

1.使用したもの

・Virtual box

Oracle VM VirtualBox

・Vagrant

Vagrant by HashiCorp
Vagrant enables users to create and configure lightweight, reproducible, and portable development environments.

・Term Term

Tera Term (テラターム) プロジェクト日本語トップページ - OSDN
Tera Term は、オリジナルの Tera Term Pro 2.3 の原作者公認の後継版です。オープンソースで開発されており、UTF-8 表示に対応しています。 また、SSH1 対応モジュール TTSSH を拡張し、SSH2 プロトコルをサポートしています。

・Python3.4

・MongoDB

The most popular database for modern apps
We're the creators of MongoDB, the most popular database for modern apps, and MongoDB Atlas, the global cloud database on AWS, Azure, and GCP. Easily organize, ...

・PyMongo

・Robo 3T

Robo 3T - formerly Robomongo — native MongoDB management tool (Admin UI)

2.手順

※下記の記事の内容を完了しているものとして、進めていきます。

①Robo 3Tのインストール

下記のリンクからRobo 3Tをインストールします。

Robo 3T - formerly Robomongo — native MongoDB management tool (Admin UI)

Download Robo 3Tをクリックします。

Download Robo 3Tをクリックします。

使用しているOSを選択し、Download installerの方をクリックします。

後は、指示通りインストールを行います。

②接続

Createをクリックします。


まずは、Connectionを設定します。

Nameを決めます。

Addressは、上記の画像のように設定します。


次に、SSHを設定します。

SSHの設定は、Tera Termを起動させるときに記入するものをそのまま記入します。

記入後、Saveをクリックします。


上記の画像のように、表示されていれば成功です。

Connectをクリックしましょう。

③保存したデータの確認

前回、保存したデータは、

scraping > Collections > links

にあるはずです。

確認してみましょう。

保存したデータが確認できました。

抽出したURLとテキストが表示されていることが分かります。

3.追記

Robo 3Tからデータの操作もできます。色々いじってみましょう!

【最後に】参考図書の紹介

以下の書籍は、私がPythonスクレイピングを勉強するにあたって、使用した書籍です。

「Python逆引き大全」は、秀和システムの技術書読み放題サービス「10×Eng」で読めます。最初の2週間は無料、それ以降は、月額900円で利用できます。

「プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門」はkindle unlimitedで読めます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました